特許耐久性防カビ方法項目、試験結果項目

特許耐久性防カビ方法は、特定新規事業として、平成11年12月27日に通商産業大臣(現在は経済産業大臣)の認定を受けています。

国土交通省 NETIS新技術情報提供システムでは【プロバクター工法】として登録承認されております。
また下記内容におきましても特許を取得しています。

特許名 日付 特許番号
耐久性防カビ方法 昭和63年7月25日 特許-第1451611号
殺菌剤組成物及び殺菌剤の製造法 平成8年6月10日 特許-第2060821号
壁内部の結露除去・防止方法 平成8年6月19日 特願平8-第157838号
防カビ殺菌塗料  組成物 平成8年8月9日 特許-第2079267号
ホルムアルデヒド除去作用を示す抗菌防カビ組成物及びホルムアルデヒドの除去方法 平成9年2月6日 特願平9-第23453号
防虫用組成物及び防虫方法 平成10年10月29日 特願10-第309011号
防菌防カビ剤組成物 平成10年12月22日 特願10-第364101号
消臭剤組成物及び消臭剤の製造方法 平成12年6月9日 特許-第3074597号
循環式水槽システムの洗浄方法及び循環式水槽システム用洗浄剤組成物 平成12年10月21日 特願平12-第312031号
循環式水槽システムの水循環方法及び循環式水槽システム用殺菌・消毒液組成物 平成14年3月30日 特願平14-第534222号
防臭抗菌材組成物及び防臭抗菌材の製造方法 平成19年3月8日 特願平19-第99853号
配管洗浄殺菌剤組成物 平成20年9月10日 特願平20-第262243号

第3者機関にて防カビ試験、殺菌力試験、安全試験も効果を実証しております。

対象製品 試験項目 試験日 試験場所 試験結果
カビサール(除カビ剤) マウスに対する急性経口毒性試験東技研
第2900-1--a号
昭和61年3月18日 社団法人東京都食品衛生協会 6.25ml/kgで死亡例を認めず
同上 分析試験 第47031466-001号 平成6年3月18日 財団法人日本食品分析センター リン酸(P2O5として)検出せず
ヒ素(AS203として)検出せず
総水銀 検出せず
モルキラーX50(殺菌剤) 細菌学的試験(定量試験) 4衛研-依 第155号 平成4年5月22日 東京都立衛生研究所 モルキラーX50添加水中に於いて水棲菌(3種)の生育は認められず
同上 殺菌効力試験 4衛研-依 第257号 平成4年9月7日 同上 MRSA:30秒後生存菌なし
E.col i:30秒後生存菌なし
S.typh:30秒後生存菌なし
モルシールSA102(防カビ剤) マウスに対する急性経口毒性試験東技研 第2900-1--a号 昭和61年3月18日 社団法人東京都食品衛生協会 2.50ml/kgで死亡例を認めず
同上 分析試験 第47031466-003号 平成6年3月18日 財団法人日本食品分析センター リン酸(P2O5として)検出せず
ヒ素(AS203として)検出せず
総水銀 検出せず
同上 マウスを用いた急性経口毒性試験
第198113119-004号
平成11年3月30日 財団法人日本食品分析センター LD50 6,922㎎/kg(雄)
LD50 6,875㎎/kg(雌)
同上 カビ 抵抗性試験 第198113095-001号 平成11年1月22日 財団法人日本食品分析センター 試験方法:JISZ2911:1992の方法
試験評価: 試料又は試験片の接種した部分に菌糸の発育が認められない
モルシールSA06(防カビ剤) 分析試験 第47031466-002号 平成6年3月18日 財団法人日本食品分析センター リン酸(P2O5として)検出せず
ヒ素(AS203として)検出せず
総水銀 検出せず
同上 分析試験 第49113256-001号 平成8年12月12日 財団法人日本食品分析センター ベンゼン 検出せず
同上 マウスを用いた急性経口毒性試験
第198113119-003号
平成1年3月30日 財団法人日本食品分析センター 試験方法:ろ紙へ塗布後、流出させた水を試験する。
試験結果:体重増加・内蔵肥大等異常なし
20,000㎎/kgで死亡例なし
モルキラーM2(活性剤) マウスを用いた急性経口毒試験
第49113256-2号
平成9年2月6日 財団法人日本食品分析センター (雄)20ml/kgで死亡例なし
(雌)20ml/kgで死亡例なし
同上 殺菌効果試験 第49113256-4号 平成9年3月4日 財団法人日本食品分析センター 大腸菌:0.5分で菌の生育を認めず
緑膿菌:0.5分で菌の生育を認めず
MRSA:0.5分で菌の生育を認めず
サルモネラ:0.5分で菌の生育を認めず
同上 ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験
(モルキラーM2の30倍液)
第198042165-001号
平成10年7月7日 財団法人日本食品分析センター 一次刺激インデックス(P.1.1)の評価
0~2.0 弱い刺激性
検体評価:0.3
対象とした無処理検体と同様